商品券

荘厳な雰囲気で結婚式が執り行われたあと、仲の良い友人たちで集まって二次会が行われます。


新郎新婦も普段のお洒落を行い、結婚式の裏話などで楽しいひと時を過ごしますが、
ビンゴゲームなどで景品が用意されることがあります。


引き出物を豪華にすることで還元するか、二次会の景品で還元するかの違いではありますが、
新郎新婦の配慮が試される場面でもあります。


しかし、ゲスト一人一人の好みを把握していても、景品として品物を出す場合には、
どの商品がどのゲストのところに行くかはわかりません。

避けたい


あまりにミスマッチが発生すると二次会終了後に交換大会が行われることになります。
そこで、商品券を景品の一部として用意することは有効なアイデアとなります。
商品券であればどのような用途にも使用することができますし、貰っても使えないことがありません。


引き出物でも商品を選べるプランがありますが、こちらも受け取る側との
ミスマッチを防ぐ手段として一般的になっています。


思わず

5000円コースや1万円コースなど様々なものがあります。
二次会は基本的に任意参加であることから、本当にお祝いする気持ちを
持ってくれた人が集まる場でもあります。


商品券を景品にすることで、気持ちに応えることができるでしょう。
しかし、あまり多くし過ぎると野暮ったくなりますので、極力万人受けする
家電や食べ物なども広く揃えるようにしましょう。


何を貰っても嬉しいものですが、景品を工夫することで
ゲストの心に残る二次会になるでしょう。